--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.12.03 16:27

土曜日朝の時点で、剥離デカール貼り、クリア仕上げ、
組み付けを残すのみになりました。
剥離デカールは初めてだったので、お店で作業させてもらいました。
日中作業をして、あらかた貼る事が出来て、あとはお家で
クリアを丁寧に重ねていくだけになりました。
夜から日曜日にかけてゆっくり丁寧に、乾燥させていって
黒い塗り分け部分を筆塗りして、お店で組み付けたら無事完成の予定でした。

夜から午前中にかけてイイ感じでクリア重ねてかけて
だんだんクリア層が出来てきて、「これだ」って思える状態がわかったのが
日曜のお昼過ぎ。
ちょっと厚吹きして、ハロゲンヒーターで乾燥させて仕上げるつもりでした。
それまでもハロゲン前であぶって乾燥させながら吹いてたのです。
手のひらで温度確認もその都度していたのですが。。。。
最後に欲が出たんです。

厚く吹いて、心持ち手前にパーツを置いてしばらく放置しようと
しばし席を離れました。
その時です。事件が起こったのは。

戻って簡易乾燥箱(段ボール)の中を見てみると
「あれ、こんな形のパーツあったっけ?」

F3.jpg

一番お気に入りの塗膜の状態になっていた
モノコックの蓋部分が、ハロゲンヒーターの超電磁の力の前に
あえなくやられておりました。


「うそでしょ。。。。」


それからの頭の中は
「時間巻き戻んないかな」
「どうしてそんなとこに置いてしまったのかな」
「席離れるなら十分に安全な距離取るんだった」

考えても仕方のない事オンパレードです。
とりあえずてんちょさんに報告の電話をし
「ここまでがんばったんだからなんとか仕上げて持っておいで」と
励ましの言葉をもらい、黒の塗り分けを心乱しつつもやりました。
そこでの時間が夕方5時。
「お店に着くのが6時として、〆切りまで3時間使えるなら
モノコックの蓋部分はお店にあるレスキューキットで作れないだろうか?」と。
とりあえずメールをしてお店に行くことにしたのです。

そこからが何年ぶりかの壮絶な修羅場タイム。
多大なご迷惑をかけながら、モノコックの蓋部分のリトライと
合間を見て組み付け作業に入ったのです。


こんな風に最後に色々あったマクラーレンMP4/8でしたが
かなり強引になんとか完成しました。
けれども、てんちょさんには本当にご迷惑をおかけしました。
最終日に色んなお客さん達が来る中で、こんなにバタバタしてしまって
本当にごめんなさい。
今後はその時に余裕を持って出来る事をがんばります。
何かあった時には、特に。
あきらめないことも大事だけれど、時には
あきらめることも同じように大事なのかもしれないって思いました。

そんな感じで、色んな意味でF1制作の光と影を知った
今回のまつりなのでした。
今後は時間に余裕を持って、楽しく無理ないペースで
これからも作っていけたらいいなと思います。
スポンサーサイト

| F1 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。